ミニスカアナル奴隷~陽菜~

極限まで短くされたミニスカート / 抜くことを許されないアナルプラグ / 前張りで塞がれた女性器 / オンリーアナルSEX/浣腸だけでイク身体にされたアナル奴隷

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

更新情報

せっかくエステで無毛にしたのだから、 割れ目に下着を食い込ませなさい。 この写真をHPにUPして、 大勢の人達にみてもらいなさい。 陽菜のHPを閲覧する男性の多くは、 陽菜のアナルに射精する事を妄想しながら、 マスターベーションをしています。 たまには、前から見た

貴方に逢える日まで プラグを入れ続けます。 プラグで塞ぎ貴方の事を毎日意識して過ごします 動く度に感じ 歩く度に感じる様に 敏感にして 貴方に逢いに行きます プラグを抜いて 早く貴方を入れて下さい もうすぐ逢えますね ミニスカアナル奴隷~陽菜~
『プラグをしまままで』の画像

お陽様の下で いろんな事をして欲しい そんなお願いをしたら 素敵なホテルを探してくれました 露天風呂のお部屋空いてましたね 浣腸もご奉仕も 露天風呂で抱かれることも… 開放的な陽射しの下なら いつもより感じてしまいそうです ミニスカアナル奴隷~陽菜
『ホテルの看板の前で』の画像

広い公園 その日は風が強かった 風が吹かなくともお尻が見えるほど短いフレアースカートで 公園の中をお散歩 遠くで誰かが見てる気がしたけれど 風のせいにして スカートは押さえなかったの ミニスカアナル奴隷~陽菜~

落ち着いたカフェでお酒を頼んだ ウェイターさんは丁寧に膝まずき注文を取る 目がチラリと私の小さな隙間を覗いた スカートを直すことも 見えた下着を隠すことも許されない私は 好奇の目に晒されながら 酔っていく お酒が私のMのスイッチを入れた 暗くなれば、彼
『CAF EBAR 。短すぎるスカート』の画像

元々お尻が隠れないほど短いワンピース 透けるのを前提に、彼は黒の下着を私に着せた 歩く度に私の大きなお尻がワンピースを弾く 後ろの人影が気になり裾を引っ張る すると大きく開いた背中から下着が覗く 振り替えると 貴方が満足そうに微笑んでいた あなたが
『ミニスカートの裾を下げても』の画像

SMホテルの廊下 そこは特別な空間だった。 この人達はお互いの嗜好を理解している 見せたい貴方と 恥ずかしいけれど見られると感じてしまう私 至近距離で見られる羞恥に 私は声にならない声で喘ぎ 身体の芯を濡らした ミニスカアナル奴隷~陽菜~

車の中で彼に渡されたスカートは どれも短すぎて、お尻がはみ出てしまう ホテルの部屋まで恥ずかしさに耐え歩く 大きなプラグは、きっとはみ出て目立っているはずだ。 ご褒美を下さいね 体内の奥の奥に… 貴方の全てを注がれたいの ミニスカアナル奴隷~陽菜~
『車の中でミニスカに着替えて』の画像

「満室」の表示が出ていた人気のホテル 私達はガラス張りのロビーで お部屋の片付けが済む間待たされた ガラスの向こうはカップル達の車が何台も出入りしている。 「スカートを捲りなさい」 私はガラス越しに プラグの挿さる尻を向けた 「割れ目を開き、プラグを
『ホテルのロビー アナル露出』の画像

もうすぐ逢えますね。 今からは、日中だけではなく、寝るときもプラグをしてください。 私のペニスだと想い、 ずっとしていてください。 次に抜くときは、私自身であなたを塞ぐときです。
『プラグをしたままで』の画像

電動のプラグをしたままエレベーターに乗る 自分でコントローラーを最大にする 貴方に見守られながら 機械の振動でさえ感じてしまう 「フロントにつく前にイキなさい」 貴方の命令で 私はエレベーターの中で快感に果てる
『エレベータの中で』の画像

カップルが歩いてくるのが分かっているのに 下着を食い込ませてこちらを向きなさいと命令される 私は貴方の言葉には逆らうことが出来ない…… 無毛の局部に痛いほど下着を食い込ませ うつ向き立っているのがやっとだった…… 彼はさらに、私のプラグの先に指を触
『ホテルの廊下 股間に下着を食い込ませて』の画像

上着を脱いでと指示される チラホラと人影のあるホテルの駐車場… 短すぎるスカートは お尻を隠してはくれなかった 見られている…と感じながら 彼の命令通りに 私はゆっくりとお尻を振りながら歩いた
『ホテルの駐車場』の画像

浣腸で注がれたお湯を我慢できなくなり おトイレに行かせてもらう 貴方に見られながらお湯を出すことは とても恥ずかしい…… でも、させてもらえるご奉仕は とても幸せ 恥ずかしくて幸せな行為

どの部屋にしますか? 露天風呂のあるお部屋は空いてましたか? 陽菜は陽のあたる場所で浣腸をされたいと言いましたね。 今日、たくさん出来ると良いね。

風がとても強い日でしたね。 貴女以外でも、フレアーミニがめくれるのを気にしている女性はいました。 でも、貴女のスカートは極限まで短くされたマイクロミニ。 私の為に、めくれ上がるスカートを押さえる事はありませんでしたね。 ありがとう。

もうすぐ男性店員がこのテーブルに来ます。 スマホをいじるふりをしてなさい。 スカートを直す事は許しません。 あなたは見られて感じる「露出奴隷」なのです。 未だ夕方ですが、お酒を飲みましょう。 酔えば、もっと短いスカートに着替えられるはずです。 暗く
『CAFE BAR』の画像

数組の男女が私達の後ろを着いてくるように歩いてますね。 スカートの裾を下げれば、 黒の下着が上からはみ出ますよ。 どちらが、恥ずかしいですか? 陽菜がより恥ずかしいと思える事をしてください。 私のあなたの後ろから離れません。
『ミニスカを下げれば』の画像

ブラも外して廊下に出なさい。 プラグは電動式に挿し変えるのです。 ここはSMホテル。 廊下には大勢、陽菜を待つ男女がいます。 お尻を突出し、いやらしく振りながら歩きなさい。 ここはどんな事も許される、非現実的な空間です。

駐車場です。 このスカートに履き替えなさい。 どんなに下げても、貴女のお尻を隠す事は出来ません。 ここはラブホテルの敷地です。 誰も私達を注意する事はありません。 部屋までのわずかな道のりです。 そのまま、すれ違う人達に、アナルを見せながら歩きなさい。 もうす

↑このページのトップヘ