ミニスカアナル奴隷~陽菜~

極限まで短くされたミニスカート / 抜くことを許されないアナルプラグ / 前張りで塞がれた女性器 / オンリーアナルSEX/浣腸だけでイク身体にされたアナル奴隷

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

更新情報

深夜になると、ホテルの一階にあるBARへ連れ出された。コートは羽織っていたけれど、下着ギリギリの丈のスカートを履かされていた…時折、人が通る海岸沿いの道に面したガラス張りの席に座ると彼は「スカートをもっとめくりあげなさい」と命令した。さっきまで彼の大きなペニ
『①海沿いの道でアナルを犯されて』の画像

もうどうしようもなくアナル奴隷になった私を彼は部屋へ戻しまた、意識が薄れるほどアナルを犯すそして、また別の服を着せられまた公園に連れていかれた昼間は卑猥な服で露出とアナルsexを繰り返され日が沈めば、ひたすら浣腸とアナルsex を繰り返し夜になればお酒を飲みなが
『④海辺の公園でアナルを見られて』の画像

その後、人が通る度に、彼に命じられなくても足を上げ紐の様な下着とプラグが深々と刺さったお尻を見せつけた…私が露出に感じアナルが痛いほど疼き出す頃…彼の指がお尻の割れ目をまさぐりプラグを捕らえると軽く揺さぶった…一瞬でイキそうになる…あまりの快楽に顔を伏せ
『③海辺の公園でアナルを見られて』の画像

「両足をベンチに上げてM字開脚しなさい」と 彼が耳元で命令した… 多少の距離はあったけれど 目の前を歩くカップルの男性は気が付いた様で チラチラとこちらを見ている 女性と何気なく歩いている振りをしながら 私の股間に刺さる真っ赤なプラグを

朝からアナルを犯され続け、気が付けばもうお昼だった 海沿いの公園に散歩に連れ出される たくさんの人が休日の午後を楽しんでいた人が多いからなのか 彼は股下2㎝程度のミニスカで許してくれた…彼のぺニスで犯され続けたアナルは既に緩みやすく
『①海辺の公園でアナルを見られて』の画像

そのまま下半身を廊下へ出したままフェラチオをするようにと命令される私は卑猥な服を着せられバイブを挿されお尻の穴でイキながら深夜の廊下にモーター音を響かせて必死に彼のぺニスをしゃぶった…大きく硬いぺニスに満ちた大量の精液を早く肛門の奥に注がれたい一心で…私
『④電動バイブをアナルに入れたまま廊下へ』の画像

背後のドアが開いた気がした…誰かが私の声に気が付き出てきたのかもしれなかった…だけど私はアナルでイク事を止められなかったしその知らない誰かに見て欲しくて立ち止まりお尻の割れ目を思いきり開きモーター音のしている場所が分かるようにしてアナルでイッた…後で彼に教
『③電動バイブをアナルに入れたまま廊下へ』の画像

廊下へ続くドアを開けた …モーターの音が深夜の廊下に響く 私の敏感になったアナルは レベル4の振動が耐えられず… 数歩歩くと絶頂が訪れ 思わず立ち止まり しゃがみこみそうになる… 彼にいつも 「イク時は背筋を伸ばしお尻を突きだしなさい」

あまりにも短いスカートを着せられ電動アナルプラグの振動はレベル4…に設定された私はレベル4にされると10秒でイッてしまう…気持ちよく辛い快感の振動…廊下へ続くドアの前に立たされ自ら彼が撮るカメラの前でお尻を突きだし割れ目を開くバイブの刺さる先が本当にアナル
『①電動バイブをアナルに入れたまま廊下へ』の画像

彼はカメラを鏡台に置き、撮影をせずに私の声だけを録り始めた 私はアナルを犯されながらマイクに向かい 彼が欲情する言葉を口にした 「お尻の穴が感じます」 「アナルの奥までペニスを入れてください」 「肛門の奥にたくさん精液を注いでください」 アナル、お尻の穴、肛

鏡越しに私の表情を撮影している彼は冷静に立っているようで、固く大きなペニスで、アナルを犯し続けている...その快楽に耐えられず、目を閉じる私に、彼はちゃんと鏡を見なさいと命令する普段は私のお尻ばかり撮影する彼が、私の表情を撮るのは、とても珍しい...HPやツイッ
『③鏡と穴開きレオタード』の画像

鏡の前に移動しても撮影は続いた カメラの前でお尻を突き出し、割れ目を自分で開くと アナルプラグを抜かれ、すぐに彼のペニスが挿し込まれた 私はブログで 「アナルを塞ぎ続けられる……」 と表現するけれど、今日もアナルを閉じさせてもらえたのは ほ

もの凄く、くい込むハイレグのレオタードを着せられる。彼は更にお尻や股間に布をくい込ませ私を辱め、アナルの位置にハサミで丸い穴を開けた彼は女性器も胸も全てをレオタードの布で隠し、アナルだけを露出させた状態で私の肛門だけを弄ぶのが好きなのだ……彼はその穴から
『①鏡と穴開きレオタード』の画像

ホットパンツの小さな穴からアナルを犯されている ドクドクと彼の精液が注がれる 何よりも私が感じてしまう精液の浣腸… アナルの一番奥で一番感じる場所へ勢いよく放たれる熱い精液の快楽に呻き声が漏れてしまう… しかも、こんな場所で… 人

ショートパンツを履いたまま私は犯されている彼は私を膝の上に乗せ抱き締め、姿勢を安定させたそして目の前をカップルが歩く度にペニスの根元を堅くして私を刺激しイカせた私はイク度に「アナルでイキます…」と声に出させられた…以前、公園で犯された時は10分くらいだった
『④アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

ショートパンツの穴から彼のペニスが入ってくる固くなったペニスの先端がアナルに触れただけでイキそうになってしまう…ゆっくりと半分ほどぺニスを飲み込んだ…私のアナルは背中寄りにあるらしく野外でのsexに適していると彼はいつも言ってくれる…そう言われると、とても嬉
『③アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

食事を終えて海岸を歩いたその海岸は、夜でも海の家(飲食店?)がいくつも営業していて時折テレビでも紹介される有名な海岸だった砂浜を歩きながら、彼は私のショートパンツをさらにずり上げお尻を半分位はみ出させる後ろを歩くカップルがいたがもう見られても構わないほど
『②アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

彼と海辺のカフェに行った店に入る前に、車の中で下着を脱がされ、プラグを抜かれるそしてアナルの位置に穴の開いたショートパンツに着替えさせられた…外出でプラグを抜くのを許されるのは、このショートパンツを着る時だけこの衣装の時、必ず彼は屋外でアナルを求めてくる
『①アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

露出プレイ用の衣装に着替え部屋を出た 彼は荷物を車に入れるとカメラだけを持ち 私のアナルを撮影し続ける ミニスカからお尻をはみ出させ アナルに突き挿した真赤なプラグを 彼に撮影してもらうのだ ゆっくりとホテルの駐停車を歩くと 2階のバルコ

3時間もの間、露天風呂でアナルを犯され続けていた… 時間の感覚はなくなり、意識は朦朧としていた アナルの感度は最高値まで敏感になっている ペニスを抜かれた後も、未だ入っているかの様に 私のアナルは疼いたままだった 外出の為に渡された衣装は

↑このページのトップヘ