ミニスカアナル奴隷~陽菜~

極限まで短くされたミニスカート / 抜くことを許されないアナルプラグ / 前張りで塞がれた女性器 / オンリーアナルSEX/浣腸だけでイク身体にされたアナル奴隷

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

更新情報

口移しの浣腸と排出、アナルセックスを一時間以上され続けた後新しい衣装に着替えさせられた…その衣装は女性器を隠せてもアナルを曝してしまういやらしいレオタードだった彼の命令で露天風呂の隅に手をつきお尻を突き出すきっとまた、浣腸とセックスを繰り返すのだろうそう
『⑤露天風呂のあるホテル』の画像

彼は脚を投げ出し休憩している時でさえ 私のアナルからペニスを抜くことは無かった 私のアナルが緩むのを待っている 彼の目の前に後ろ向きに立たされると 彼の舌が入ってきた… そのザラリとした感触の強烈な快楽に 私はまたおかしくなりそうなほど声

肛門にお湯を限界まで入れられた後 彼はペニスをアナルへねじ込んだ… 今にも溢れそうなお湯に 体が緊張し直ぐにイクことが出来ない… 彼はレオタードを引きちぎる様に 持ち上げお尻に食い込ませ 激しくペニスを突き立てた… 「イキなさい、そうしたら

プラグを抜かれると レオタードのアナルの位置にハサミで穴を開けられた ちょうどペニスの入る大きさで きっとその穴からペニスを入れてもらえる… そう期待し、お尻を突き出した 「お尻の割れ目を開いて」 彼の命令に答えた でも挿し込ま

湖に面した露天風呂のあるホテル 裸より恥ずかしい白いレオタードを着せられ プラグを挿されたまま露天風呂へ連れ出された 隣の部屋からは露天風呂へ入っているカップルの声 すぐ下の駐車場からは、今着いたバイクの音が聞こえる… 私はカメラの前に立たされ

ずっとこのままソファーに座りアナルに入れていて欲しい…セックスをしながら彼のグラスにお酒を注ぐ昼間のプレイを言葉にさせられる複数の男性にアナルを見られ感じた事を言葉にすると、彼は突然私の腰を掴み、激しく揺さぶり失神寸前まで私をイカせ続けた足の力が抜け床に
『③全てのアナルプレイを終えた後に』の画像

深夜になりようやくアナルセックスだけの時間が始まった…椅子に座る彼の膝の上にゆっくりと座るアナルにぺニスの先端をあててもらい自分の体重を少しずつかけるゆっくりと肛門の奥まで挿し込む…一番感じる場所にぺニスの先端が当たるのを感じる…私が立ち上がらない限り、
『②全てのアナルプレイを終えた後に』の画像

深夜のホテルアナルセックスだけの時間が始まった…ソファーに座る彼の膝の上に乗せられアナルを貫かれイキ続けている…昼間の公園でお尻のはみ出るミニスカを履かされジャグジーでお湯を浣腸され続け夜のBARでは、めくれる上がるスカートを下げる事を許されず部屋の中では緩
『①全てのアナルプレイを終えた後に』の画像

「浣腸でイッてしまいます…」 「アナルで感じてしまいます…」 「お湯を注いでぺニスでふさいでください…」 「排泄するだけでもイッてしまいます…」 イキ過ぎて朦朧となりながら 恥ずかしい言葉を言い続け、 アナルで…肛門で…お尻の穴で

アナルをぺニスで塞がれ…激しく掻き回された…彼は射精することなくジャグジーの中でアナルSEXと浣腸を繰り返す…イキ過ぎて、アナルの感度がどんどん上がる…浣腸されただけでイキ、排泄する恥ずかしさと快感でイキ…アナルの快楽に狂いそうになる私は全ての行為をホテルの
『④屋外ジャグジーでのアナルプレイ』の画像

「浣腸をしてください…」「肛門の奥にたくさんお湯を注いでください…」彼は限界まで私の中ににお湯を注ぐ我慢をしてもお湯がアナルから漏れ出てしまう…恥ずかしい…「お湯を…出してもいいですか?」私は止められないお湯をお尻の穴から漏らしながら彼にお願いした…腰を

彼は私にアナルを表現する全ての言葉を言わせた…「アナルでイキます…」「肛門で…」「お尻の穴で…」何度も何度も、イク度に大きな声で繰り返し言わされる…先程聞こえていた隣のカップルの喘ぎ声は消え明らかに私達の声に聞き耳を立てている様だった…気が付くと、彼の手
『②屋外ジャグジーでのアナルプレイ』の画像

湖に面したバルコニーにジャグジーがある人気のホテルバルコニーは壁で仕切られているけれど屋根はなくお隣の部屋の声は筒抜けだった…入室を待つカップルの車も多くいたこのホテルを利用するカップルはきっと誰もがジャグジーでセックスをするだろう…もちろん私達も…ジャ
『①屋外ジャグジーでのアナルプレイ』の画像

「アナルの奥にたくさん出してください…」「精液のお浣腸をしてください…」私は彼が欲情する言葉を上半身を廊下に出されたまま口にした…その直後…アナルの奥に勢いよく熱い液体が注がれた…ドクドクと注がれながら、ペニスの根元を締め付けても彼の射精は止まらず…ドク
『③深夜の外出前の儀式』の画像

私はゆっくりと廊下への扉を開いた…彼の言葉には私は逆らえない…深夜とはいえ、いつ誰が通るか分からない監視カメラもあるはず…なのに私は彼に言われるがままに扉の外に上半身を出したままアナルを彼に貫かれ感じ続けた…声を出さない様に唇をきつく閉じても、イキ続ける
『②深夜の外出前の儀式』の画像

深夜の外出の前彼は必ずドアの前で私を犯す…精液を私のアナルの中に溜めたまま、私を街に連れ出したいのだ…私も、お尻の中に精液を溜めたままプラグで蓋をされミニスカートを履き、誰かに見られながら歩くと…歩いているだけなのにアナルが感じてしまう…まるでアナルセッ
『①深夜の外出前の儀式』の画像

駅の壁を背に二人並んで話す話してるふりだけで彼は私のプラグを揺さぶった私は彼を見つめながら小さな声で「イキます…」と告げ大勢の人が通り過ぎる中でイッてしまった…「プラグを貴方だと思い毎日します…」私は彼にそう誓った…彼はまた私のプラグを揺さぶった何度もイ
『②10時間のアナルSEXの後』の画像

何時間も抱かれた後、人通りの多い駅前を二人で歩いた足早に歩く多くの人々…女性も何百人も歩いているでも、アナルだけを犯され肛門に精液を出されたままプラグをして歩いているのは私くらいだろう…歩く度にプラグに刺激され緩んだアナルはまた感じてしまう…(またアナル
『①10時間のアナルSEXの後』の画像

私の体は彼の精液で満たされた気がした… 彼はぺニスを抜くとすぐにプラグを押し込んだ すぐに排出することは許されない… 口から精子を飲むことは無いけれど 私はアナルで彼の精子を飲み込む… 全て体に吸収されて欲しいとさえ思う… それほど長く体内に留

彼は、もう一度射精するかもしれない「もう一度、肛門の奥に精子を下さい… 精液を溜めたまま家に帰ります… 明日もアナルに精液を入れたまま仕事に行きます…」私は彼の望む言葉を口に出したけれど自分の口から出る卑猥な言葉に欲情しさらに濡れてしまう…アナルを掻き回
『⑥10時間のアナルSEX』の画像

↑このページのトップヘ