ミニスカアナル奴隷~陽菜~

極限まで短くされたミニスカート / 抜くことを許されないアナルプラグ / 前張りで塞がれた女性器 / オンリーアナルSEX/浣腸だけでイク身体にされたアナル奴隷

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

更新情報

もの凄く、くい込むハイレグのレオタードを着せられる。彼は更にお尻や股間に布をくい込ませ私を辱め、アナルの位置にハサミで丸い穴を開けた彼は女性器も胸も全てをレオタードの布で隠し、アナルだけを露出させた状態で私の肛門だけを弄ぶのが好きなのだ……彼はその穴から
『①鏡と穴開きレオタード』の画像

ホットパンツの小さな穴からアナルを犯されている ドクドクと彼の精液が注がれる 何よりも私が感じてしまう精液の浣腸… アナルの一番奥で一番感じる場所へ勢いよく放たれる熱い精液の快楽に呻き声が漏れてしまう… しかも、こんな場所で… 人

ショートパンツを履いたまま私は犯されている彼は私を膝の上に乗せ抱き締め、姿勢を安定させたそして目の前をカップルが歩く度にペニスの根元を堅くして私を刺激しイカせた私はイク度に「アナルでイキます…」と声に出させられた…以前、公園で犯された時は10分くらいだった
『④アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

ショートパンツの穴から彼のペニスが入ってくる固くなったペニスの先端がアナルに触れただけでイキそうになってしまう…ゆっくりと半分ほどぺニスを飲み込んだ…私のアナルは背中寄りにあるらしく野外でのsexに適していると彼はいつも言ってくれる…そう言われると、とても嬉
『③アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

食事を終えて海岸を歩いたその海岸は、夜でも海の家(飲食店?)がいくつも営業していて時折テレビでも紹介される有名な海岸だった砂浜を歩きながら、彼は私のショートパンツをさらにずり上げお尻を半分位はみ出させる後ろを歩くカップルがいたがもう見られても構わないほど
『②アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

彼と海辺のカフェに行った店に入る前に、車の中で下着を脱がされ、プラグを抜かれるそしてアナルの位置に穴の開いたショートパンツに着替えさせられた…外出でプラグを抜くのを許されるのは、このショートパンツを着る時だけこの衣装の時、必ず彼は屋外でアナルを求めてくる
『①アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

露出プレイ用の衣装に着替え部屋を出た 彼は荷物を車に入れるとカメラだけを持ち 私のアナルを撮影し続ける ミニスカからお尻をはみ出させ アナルに突き挿した真赤なプラグを 彼に撮影してもらうのだ ゆっくりとホテルの駐停車を歩くと 2階のバルコ

3時間もの間、露天風呂でアナルを犯され続けていた… 時間の感覚はなくなり、意識は朦朧としていた アナルの感度は最高値まで敏感になっている ペニスを抜かれた後も、未だ入っているかの様に 私のアナルは疼いたままだった 外出の為に渡された衣装は

口移しの浣腸と排出、アナルセックスを一時間以上され続けた後新しい衣装に着替えさせられた…その衣装は女性器を隠せてもアナルを曝してしまういやらしいレオタードだった彼の命令で露天風呂の隅に手をつきお尻を突き出すきっとまた、浣腸とセックスを繰り返すのだろうそう
『⑤露天風呂のあるホテル』の画像

彼は脚を投げ出し休憩している時でさえ 私のアナルからペニスを抜くことは無かった 私のアナルが緩むのを待っている 彼の目の前に後ろ向きに立たされると 彼の舌が入ってきた… そのザラリとした感触の強烈な快楽に 私はまたおかしくなりそうなほど声

肛門にお湯を限界まで入れられた後 彼はペニスをアナルへねじ込んだ… 今にも溢れそうなお湯に 体が緊張し直ぐにイクことが出来ない… 彼はレオタードを引きちぎる様に 持ち上げお尻に食い込ませ 激しくペニスを突き立てた… 「イキなさい、そうしたら

プラグを抜かれると レオタードのアナルの位置にハサミで穴を開けられた ちょうどペニスの入る大きさで きっとその穴からペニスを入れてもらえる… そう期待し、お尻を突き出した 「お尻の割れ目を開いて」 彼の命令に答えた でも挿し込ま

湖に面した露天風呂のあるホテル 裸より恥ずかしい白いレオタードを着せられ プラグを挿されたまま露天風呂へ連れ出された 隣の部屋からは露天風呂へ入っているカップルの声 すぐ下の駐車場からは、今着いたバイクの音が聞こえる… 私はカメラの前に立たされ

ずっとこのままソファーに座りアナルに入れていて欲しい…セックスをしながら彼のグラスにお酒を注ぐ昼間のプレイを言葉にさせられる複数の男性にアナルを見られ感じた事を言葉にすると、彼は突然私の腰を掴み、激しく揺さぶり失神寸前まで私をイカせ続けた足の力が抜け床に
『③全てのアナルプレイを終えた後に』の画像

深夜になりようやくアナルセックスだけの時間が始まった…椅子に座る彼の膝の上にゆっくりと座るアナルにぺニスの先端をあててもらい自分の体重を少しずつかけるゆっくりと肛門の奥まで挿し込む…一番感じる場所にぺニスの先端が当たるのを感じる…私が立ち上がらない限り、
『②全てのアナルプレイを終えた後に』の画像

深夜のホテルアナルセックスだけの時間が始まった…ソファーに座る彼の膝の上に乗せられアナルを貫かれイキ続けている…昼間の公園でお尻のはみ出るミニスカを履かされジャグジーでお湯を浣腸され続け夜のBARでは、めくれる上がるスカートを下げる事を許されず部屋の中では緩
『①全てのアナルプレイを終えた後に』の画像

「浣腸でイッてしまいます…」 「アナルで感じてしまいます…」 「お湯を注いでぺニスでふさいでください…」 「排泄するだけでもイッてしまいます…」 イキ過ぎて朦朧となりながら 恥ずかしい言葉を言い続け、 アナルで…肛門で…お尻の穴で

アナルをぺニスで塞がれ…激しく掻き回された…彼は射精することなくジャグジーの中でアナルSEXと浣腸を繰り返す…イキ過ぎて、アナルの感度がどんどん上がる…浣腸されただけでイキ、排泄する恥ずかしさと快感でイキ…アナルの快楽に狂いそうになる私は全ての行為をホテルの
『④屋外ジャグジーでのアナルプレイ』の画像

「浣腸をしてください…」「肛門の奥にたくさんお湯を注いでください…」彼は限界まで私の中ににお湯を注ぐ我慢をしてもお湯がアナルから漏れ出てしまう…恥ずかしい…「お湯を…出してもいいですか?」私は止められないお湯をお尻の穴から漏らしながら彼にお願いした…腰を

彼は私にアナルを表現する全ての言葉を言わせた…「アナルでイキます…」「肛門で…」「お尻の穴で…」何度も何度も、イク度に大きな声で繰り返し言わされる…先程聞こえていた隣のカップルの喘ぎ声は消え明らかに私達の声に聞き耳を立てている様だった…気が付くと、彼の手
『②屋外ジャグジーでのアナルプレイ』の画像

↑このページのトップヘ