ミニスカアナル奴隷~陽菜~

極限まで短くされたミニスカート / 抜くことを許されないアナルプラグ / 前張りで塞がれた女性器 / オンリーアナルSEX/浣腸だけでイク身体にされたアナル奴隷

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

更新情報

「ご褒美はアナルに精液を注いでくれるのではなかったの?」 私は正直に彼に気持ちを打ち明けた… 彼は、隣で夜景を眺めるカップル達のように 後ろから私を強く抱き締めてくれた すると、お尻の谷間に固い大きな物を感じた 彼は大きくなったペニスを押
『ホットパンツに開けられた穴から彼のペニスが入ってくる』の画像

夜景のよく見える丘の広場へ移動した 卑猥な衣装の事も忘れ 柵に手を付き目の前の夜景に見入った… 後ろのベンチにも、 少し隣の柵の場所にも同じように夜景を眺めに来たカップル達がいた… 私は、まだご褒美を貰っていない事を伝えたくて…
『夜景のきれいな公園。彼の言葉でアナルが疼いた』の画像

車で連れていかれたのは 郊外の大きな公園だった たくさんあるベンチにはカップルが座り ジョギングをする人や犬の散歩をする人たちがいた… 夜とはいえ、多くの人がいる中を 私は穴の空いたホットパンツを食い込ませながら歩いた 小さな穴からアナル
『公園でアナルに穴の開いたホットパンツを食い込ませながら歩く』の画像

伸縮性のあるホットパンツは歩く度にお尻の割れ目に食い込んでしまう…もちろん食い込みを直すことは許されない私の大きなお尻は、どんどんはみ出てゆく食い込む事でアナルを曝している事に気づかれないならお尻をはみ出して歩いたほうが良かったアナルプラグをしないで彼と
『歩く度にホットパンツがお尻の割れ目に食い込んでゆく』の画像

覚悟をして穴の開いたホットパンツを履いたまま四つん這いでいると、彼は私を外に連れ出そうとした10時間以上弄ばれたアナルを閉じる条件はアナルの部分に穴を開けたホットパンツを履いて外出すること…だったプラグはアナルの場所を明確に示すけれどある意味、アナルは隠さ
『穴の開いたホットパンツのまま外に連れ出される』の画像

彼は私を四つん這いにさせ 食い込む布を少しだけ戻すと アナルの場所にハサミで小さな丸い穴を開けた このまま電動プラグを挿し込まれのか… それとも浣腸を繰り返されるのか… アナルSEXでご褒美をくれるのか… 私はホットパンツに開けられた小さな穴

彼は私を撮影し続けた 動く度にホットパンツはお尻の割れ目に食い込んで行く 彼は色んなポーズを私に命じた その画像はブログや私達のサイトで公開されるのだ 「ホットパンツをずらしてアナルを見せなさい」 ついに彼は言った…… 私のアナルはいつもプラグを挿

もうすぐ3軒目のホテルを出る時間…アナルへご褒美をもらえるもうすぐ精液を直腸の奥に注いでもらえるのだ…だけど彼はアナルから舌を抜くと、ノーパンのまま私にホットパンツを履くようにと言った彼が用意したホットパンツは伸縮性があり、割れ目に食い込み、お尻がはみ出て
『お尻の割れ目に食い込むホットパンツ』の画像

彼の舌は止むことなく私のアナルを責めた そして舌を奥に挿し込みながら、 口で含んでいたお湯を注がれてしまう 緩んでしまったアナルは 腸内に注がれたお湯を留めておくことが出来ずに 彼の口の中に、そのお湯を少しづつ漏らしてしまう そして彼はま

彼は私を四つん這いにした そしてお尻野割れ目を両手で押し開き 絆創膏で閉じられた性器の上の小さなアナルに くちづけをしてくれた そして、舌が緩んだアナルを押し開き入ってきた… ザラッとした舌の暖かく尖った舌先がアナルの入り口に差し込まれる 私の

1軒目のホテル、2軒目のホテルでも、それぞれ数時間滞在し卑猥な行為と撮影をされ続けた。ホテルからホテルの移動でさえ、プラグを挿したままの私のアナルは本当に閉じる事を許されなかった…もう10時間以上、アナルだけを犯され続けている…イキ過ぎて朦朧となり…多分100回
『10時間以上、アナルだけを犯され続けている…』の画像

「早くお尻の穴にペニスを入れてください」私が懇願すると、「アナル」「肛門」「お尻の穴」など私が一番感じる箇所を色んな言葉で何度も繰り返し、言葉にするように命じられた。ようやくプラグを抜いてもらい膝の上に座らされると、ぺニスで一気にアナルを貫かれた…あまり
『膝の上に座るとアナルを貫かれた』の画像

3軒目のホテル私は彼の足元に跪ずき電動プラグをアナルの奥まで入れたまま彼のぺニスを愛撫し続けた…振動を最大にされると直ぐにイッてしまうほどアナルは敏感になっていた私は彼のぺニスを口に含んだまま何度もイキ続け切ない声を漏らした「早くお尻の穴にペニスを入れて
『アナルでイキ続けながらフェラをする』の画像

「もっとゆっくり歩きなさい」 彼の命令が聞こえた その日は風が強く ただでさえ短いスカートを風がめくる 下着を着けさせてもらえなかった股間を見られながら アナルは細かく震えるプラグで刺激され続け 私は歩きながらイッて
『屋外でアナルでイク練習』の画像

ホテルの部屋を出ると 前から歩いてくるカップルとすれ違う… その男女は私の股間に気が付き凝視する 前から見ても私が下着を着けていない事が すぐ分かる… パイパンに絆創膏が目立つはずだ…お尻にはリモコンの付いたプラグ… 男性は振り返って私のアナルを見ていた… 
『すれ違う男女にアナルを見せながら歩く』の画像

ブログやHPの更新情報、ツイッターだけの特別な画像をUPします。 https://twitter.com/analslavehina ★会員ページで全ての画像と動画を公開しています。

廊下に出るドアの前でミニスカの丈を下に伸ばしてみたが 割れ目を隠す絆創膏も、 アナルを塞ぐ電動プラグも隠せそうになかった。 廊下に出るのを躊躇していると 彼はプラグのスイッチをいきなり入れて 私の耳元で囁いた… 「ここはラブホテル…みんながSEXをする為の場所だ
『ノーパン、電動プラグで廊下へ出される』の画像

彼は私に下着を履かせないまま 3軒目のホテルに連れて行こうとした 今まで露出はたくさんしてきたけれど ノーパンで露出をしたことは無かった… どんなに小さな下着でも必ず履かせてもらえたのに… 彼はお尻だけではなく前も 限界まで

3軒目のホテルへ 絆創膏で性器を塞がれると アナルしか使わないアナル奴隷だという気持ちが強くなり、 より感じやすくなる… このまま私は、女性器に触れられることも無く アナルだけでイキ続けるのだ 最初は動画の編集の為に前張りを貼っていたのに 今では、ずっと塞いで欲
『絆創膏で性器を塞がれたまま』の画像

お腹に溜まったお湯を排泄する時ですら彼はいつも 私の唇を性器の様に犯し続ける… 唇も肛門も 彼の快楽を受け入れる為だけの性器になる 野外で私に露出を強制する度に 彼の性欲は高まり ホテルで激しく私のアナルを犯し続ける そして、この後もまた たくさん用意された卑猥
『唇もアナルも彼の欲望を受け止める為の性器になる』の画像

↑このページのトップヘ