MTS_000147056

その後、人が通る度に、彼に命じられなくても
足を上げ紐の様な下着と
プラグが深々と刺さったお尻を見せつけた…

私が露出に感じ
アナルが痛いほど疼き出す頃…
彼の指がお尻の割れ目をまさぐり
プラグを捕らえると軽く揺さぶった…

一瞬でイキそうになる…
あまりの快楽に顔を伏せそうになるけれど
目を閉じることも顔を伏せることも彼に禁じられた

私はイク間際の快楽に歪む顔を
通りすがりの男性達に見られる事も
ベンチの上でM字開脚し
アナルを見られる事にも快楽を感じていた…

私はどんどん大胆になり、靴紐を直す振りをしてお尻を丸出しにして、
道行く男性に見せたりもした…
陽菜のアナルを見てください