キャプチャ
私が酔い始めると彼は私にトイレへの往復を命じた…
上着を、着ることは許されない。

私は言いつけ通り、背筋を伸ばし、お尻を突き出し、
ゆっくり店内を歩いた…

少し薄暗い店内に私も少し大胆になれた…

股下ゼロセンチのワンピースは歩く度にずり上がる…けど、
下ろす事は当然許されない。

お尻の割れ目を思い切り閉じればプラグを隠せるけれど、
歩く度に快楽を増すアナルを、誰かに見られたいと思った…


程よく酔った私を今度は駐車場に連れ出し
彼は上着を取り上げ撮影し始めた。

壁に両手をつき、お尻を突き出し、
両手でお尻を開きプラグを見せる…

スカートの丈は股上にされ、
前から後ろから撮影され続ける…

「この写真をホームページやツイッターで公開して、
アナル好きの男性達にオナニーしてもらいたいんだろう?」
と彼に言われる…

「はい、オナニーしてもらいたいです」と答えた…

彼と出逢ってアナルしか犯されなくなり、
Webで曝され続け、
私はアナルを犯され見られる事を喜ぶ女だと彼に教えられた…
陽菜のアナルを見てください