m

彼はいろんな衣装を着せて私を弄ぶ、
フレアーミニ、ホットパンツ、タイトミニ、ワンピース、レオタード…

私はどの衣装でも恥ずかしく、どの衣装で撮られ犯されてもとても感じる。

レオタードを着せられたときに、高校時代の話になって、
体操部で着ていたレオタードが私はすぐにお尻に食い込み
競技中は直せずに恥ずかしかった…という話をした…

すると彼は私にレオタードを着せたままお尻の穴の位置にハサミで小さな穴を開け、
その小さな穴からプラグを挿した…

いつも挿し込まれるプラグなのに、その時は何故かいつもよりも大きな声を出してしまった…

私の反応を見た彼は、充分にプラグで私を弄んでイカせた後に、
鏡の前でプラグを抜くと私のレオタードの小さな穴からぺニスを挿入した…

大きな彼のぺニスがレオタードを貫き私の肛門にゆっくりと捩じ込まれた時の快感は…
言葉にならないほど私を感じさせ、それだけで私はすぐに果ててしまった…

鏡の中には胸も女性器も全てをレオタードで隠された普通の私が写っていて、
なのにお尻の穴だけがぽっかりと開いていて…
その小さな小さな穴だけで私はイカされている…
そう思うとなんて恥ずかしい女なのだろうと思った…

そして、私は…乳首もクリトリスも触られず、見られることもなく、
アナルだけで犯される事の方が何よりもアナルで感じると言うことに気がついてしまった…

私はアナルだけで感じるアナルだけが性感帯の…

アナル奴隷だと彼が教えてくれたのです。
陽菜のアナルを見てください。