MTS_000157245

「食い込み過ぎて恥ずかしいです。。。」

陽菜の言葉が可愛くて、私はさらに鋭角なレオタードを着せた。
陽菜が既に開けていた小さな穴に電動アナルバイブを挿し入れる。

すぐに感じ続ける陽菜の後ろ姿を部屋の大きな鏡に映し
私はそれを眺めながら酒を飲んだ。

そしてこの後、どんな事をして陽菜のアナルを辱めるかを考えていた。

私のペニスをじっと見つめていた陽菜はそばに来て
「ご奉仕させてください」
と切なそうに言う。
私は
「フェラをしたければ、先に10回アナルでイキなさい」
と命令した。

バイブの振動を自分で上げ、陽菜は私の目を見ながらアナルでイキ続ける。

イク度に言葉にするのは私の教えだった。

アナルでイキます。

肛門でイキます。

お尻の穴でイキます。

陽菜は私のペニスを口に含むためには、どんな命令でも受け入れてくれる。

撮影で使用した衣装はMAX西口店で販売中です
陽菜のアナルを見てください。 (陽菜のHPです)