主です。
調教される事を妻は感謝し、
夫に尽くす事で、何年もその関係を続ける事ができます。
私が仕事から帰り、シャワーの後ソファに座ると、
何も言わなくとも陽菜は足元に跪き、
唇で私に奉仕します。
ニュース番組を見ている間、それは続き、テーブルにはウイスキーが準備されていて、
私はリラックスしながら、陽菜の唇による快楽を受けます。

決して口内に射精する事はなく、
大概は、そのまま陽菜を膝の上に乗せ
アナルを貫き、時間をかけ快楽を与え、
その日に作られた精子の全てを
直腸の奥に注いであげるのです。

妻は毎日の様に、アナルの快楽を得、
私の精子を受け入れる事に満足し、
私を愛し続けてくれます。

妻が夫に性的に尽くさなければ、
妻へのアナル調教も、なおざりになってしまうでしょう。