IMG_3968
トイレの横には、部屋のドアがある。

『ドアの前で抱かれるのが好きでしょう?』
彼はそう言うと、まだ排泄しきらない私をドアの前へ連れて行き、私を後ろから抱いた…

浣腸や排泄で痺れるほど敏感になった肛門に
また彼の大きなペニスが差し込まれ、
腸内のお湯ごと掻き回される…
ドアの前で漏らす事は出来ないと思い…
必死に肛門に力をいれ締め付けた…

ドアスコープから廊下を歩く人達が見える…
人の声がする度に彼は激しく腰を振り、
私はドア一枚隔てた場所で

「肛門でイキます…」

と言いながらイキ続けた…

私の声は廊下にもれ聞こえてしまっていたのだろうか…
今、思い出しても恥ずかしくなる。。。