00003.MTS_000217185

翌日、別のホテルへ向かった、昨日射精をしていない彼の性欲は衰えるどころか、さらに増している様だ…

駅からホテルまでショートパンツを食い込ませたお尻を彼に見られながら歩く…
もちろん通行人の方にも見られていたので…さらに食い込ませて歩き、彼に見せつけた…。

大きなバルコニーとジャクジーがあるホテルに着くと、彼はシャンパンとキャビアを頼み、とても機嫌が良い。

私がシャンパンを開けているのに、ペニスを差し出しフェラをさせる…
私はフェラをしながらたくさんシャンパンを飲まされ酔わされた…

彼は私のショートパンツのアナルの位置に穴を開け、バイブをねじ込むとスイッチを入れた…
私はフェラをしながら、シャンパンで酔わされ、彼にお尻を触られ続け、アナルのバイブでイカされ続けた…

「王様みたいな気分だ」と彼が笑って言った。
彼の思う王様は、アナル奴隷を側に置いておくのだろうか…💕

私もそんな王様の足元に置いてもらいたいと、微笑みながらフェラを続けた。

部屋にダーツがあり私が遊んでいると、彼は急に背後に立ちバイブを抜くと立ったままアナルにペニスをねじ込んだ…
常にバイブで刺激され緩んだアナルは、彼のペニスを奥まで飲み込んだ…

入れられた瞬間にイキそうになってしまう…

彼はショートパンツをさらに食い込ませて強く腰を振る…
耐える事など出来ずに、あっという間にイカされてしまった…

彼はいつも私の衣装を脱がさない、裸で犯された事はきっと数えるほどしかないと思う…
私はいつも下着もスカートも付けたままで、小さな穴や下着をずらしたままの恥ずかしい姿でアナルを犯される。

昨日、射精していない彼はきっと、大量の精子をアナルの奥に注いでくれるはず…

彼はいきなりペニスを抜くとプラグを挿し、私をバルコニーへ連れ出した。
都会の真ん中のホテル、周りにはオフィスビルが立ち並んでいた…
彼はカメラの三脚を立てるとバルコニーで私を犯した…
青空の下、カメラに撮られながら、アナルを犯されイキ続けた…

汗だくになった私達はジャクジーに入った。
ビキニに着替え様とすると珍しく全裸を許される…

ジャクジーの側にはシャンパンとグラスが用意されていた。
彼はジャクジーでシャンパンをのみ、私はフェラをし続け、時またお酒を飲ませてもらい、またフェラをした…
幸せで溶けてしまいそうな時間だった…

ジャクジーがある部屋だと聞いていたから、腸内は綺麗にしてあった…
きっと彼は口移しで浣腸を求めてくるはず…

やはり彼はジャクジーのお湯を口に含むと私のお尻を掴み、お湯を口から注ぎ入れた…
昨日から犯され続けたアナルは緩み、注がれたお湯は直ぐに出てきてしまう…
酔っていた私は、恥ずかしい姿を見られる事を覚悟し、何度も何度も彼の口移しの浣腸でイキ…アナルから排出するお湯を彼に見られてはまたイッた…
恥ずかしいけれどイッてしまう私を見て、彼はさらにペニスを硬くし、欲情していた…

こんな恥ずかしい私を見て欲情してくれるのなら、恥ずかしいけれどもっと彼に見てもらいたいと思った…
アナルにお湯を注がれて、お尻を両手で掴まれ左右に開かれ、ぽっかりと開かれたアナルから排出されるお湯を見られる…

もっと見て下さい…
もっと開いて下さい…
貴方の自由にして下さい…
貴方だけのアナルです…

私の言葉に彼の浣腸のスピードが早まり、舌もねじ込まれ…
浣腸と舌だけの行為だけなのに、私は2秒に一度はイカされていた…

「少しだけ…許して…」

と、頼むと
ジャクジーの中で彼をまたぐ様に促される…
休む間もアナルをペニスで塞がれる…

彼に背を向け、アナルで繋がったまま、逃げられない様に彼に両手で肩を抱かれていた。
アナルセックスをしている間も大切にされている様で幸せな気持ちになる。

休憩している間、昨日のアナルセックスの事を思い出し、何が1番感じたのか?などを楽しく話した…
彼はバーや廊下でお尻を出して歩く私に興奮して欲情すると言った…

この先ずっと彼が喜んでくれるのなら、露出しますと誓った。

私は彼に
『お尻の穴が好きなの?それとも、お尻が好きなの?』と疑問に思って聞いてみた。
真剣に答えを悩んでる彼が微笑ましくて愛しくて、笑ってしまった。

彼は残りのシャンパンをジャクジーの中に注いでしまう…
贅沢なジャクジー!
だけれども、少しでもお酒の入ったお湯はもう浣腸してはくれないはず…

ちょっぴり残念な気持ちにもなる…

彼を私の腰を掴みアナルを貫いたままくるりと回し、向かい合う体勢にした…

私達は見つめ合ってアナルセックスをした…
私が恥ずかしくて我慢できなくなって彼にキスをした…
普段、どんなに卑猥な行為をしてもキスをしてもらう事はあまりない…

私はキスを許してもらえた事が嬉しくて、何度も濃厚なキスをせがんだ…

※下記のサイトに「アナルセックスの為のホテル滞在」を1本にまとめました。
https://novel18.syosetu.com/n5638fa/12/
ぜひ、まとめてお読みください。
よろしくお願いします。