ミニスカアナル奴隷~陽菜~

10年の歳月をかけ妻を肛門だけが性感帯の性奴隷に調教した実録。 アナルプラグを常に挿し、外出で許すのは極限まで短くしたミニスカだけ。 「アナルセックスしかしない約束」を結んだ性生活を夫と妻がブログに綴ります。

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

ミニスカ

時間はあっという間に過ぎてしまう 私は10時間で100回以上アナルでイき続けた バイブで、浣腸で、彼のペニスで でも彼は射精しないまま、帰る用意をしている… 私はこのままホテルに泊まることの出来ない日だった 申し訳ない気持ちで一杯だった 私は外

彼が連れて行ってくれたのは高速のインター近くにあるホテル街でした10軒以上のホテルが密集していて休みの午後は沢山の車が出入りしています…彼は「満室」と書かれたホテルヘ車を進めますわざとなのは…分かってました…駐車場やフロント、待ち合い室で多くのお客さんとす

国道沿いのコンビニで待つように言われたスカートの短さに気づいた店員がチラチラ見ているこれ以上、ここにいるのは無理と思った時彼からメールで指示が来た少し離れたコインパーキングに車を止めたからスカートをさらに短くして大通りを渡って来るように彼はまた、ミニスカ

始めから下着は黒と言われていた公園でカーデガンを脱がされた後そのまま数組のカップルの視線やすれ違う車からの視線に晒されながらホテルまで歩かされるあまりにも短いワンピースは歩く度にずり上がりお尻がはみ出してしまうしかも…黒い下着は真っ白なワンピースから透け

昼間の広々とした公園 彼はカーデガンを脱ぎなさいと言った カーデガンの下はものすごく短いワンピース 明らかに人目を引くほどのイヤらしい服なのに… 数組のカップルが歩いていた カーデガンを脱ぎ始めると 男性達がチラチラと見てくるのが分かった… 容赦ない目線が

↑このページのトップヘ