ミニスカアナル奴隷~陽菜~

極限まで短くされたミニスカート / 抜くことを許されないアナルプラグ / 前張りで塞がれた女性器 / オンリーアナルSEX/浣腸だけでイク身体にされたアナル奴隷

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

ホットパンツ

安全な環境での露出プレイに、君は抵抗が無いことは知っていた。互いの性欲を高める前戯のような行為、と思っていた。お尻がほとんどはみ出る様なショートパンツに穴を開け、真っ赤なアナルプラグを差し込み、ホテルの敷地内を二人で歩いた。ミニスカであれば、丈を下ろす事
『陽菜へ14』の画像

食事を終えて海岸を歩いたその海岸は、夜でも海の家(飲食店?)がいくつも営業していて時折テレビでも紹介される有名な海岸だった砂浜を歩きながら、彼は私のショートパンツをさらにずり上げお尻を半分位はみ出させる後ろを歩くカップルがいたがもう見られても構わないほど
『②アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

彼と海辺のカフェに行った店に入る前に、車の中で下着を脱がされ、プラグを抜かれるそしてアナルの位置に穴の開いたショートパンツに着替えさせられた…外出でプラグを抜くのを許されるのは、このショートパンツを着る時だけこの衣装の時、必ず彼は屋外でアナルを求めてくる
『①アナルの位置に穴を開けたショートパンツ』の画像

「ご褒美はアナルに精液を注いでくれるのではなかったの?」 私は正直に彼に気持ちを打ち明けた… 彼は、隣で夜景を眺めるカップル達のように 後ろから私を強く抱き締めてくれた すると、お尻の谷間に固い大きな物を感じた 彼は大きくなったペニスを押
『ホットパンツに開けられた穴から彼のペニスが入ってくる』の画像

夜景のよく見える丘の広場へ移動した 卑猥な衣装の事も忘れ 柵に手を付き目の前の夜景に見入った… 後ろのベンチにも、 少し隣の柵の場所にも同じように夜景を眺めに来たカップル達がいた… 私は、まだご褒美を貰っていない事を伝えたくて…
『夜景のきれいな公園。彼の言葉でアナルが疼いた』の画像

↑このページのトップヘ