泊まりのお客さんばかりなのだろう、周りは寄り添うカップルばかり…彼も飲みながら、私を引き寄せ『朝までアナルを犯すからね』と言った…もうすでに、私が考えつく全ての卑猥な抱き方で抱かれたのに…何をされるのだろう…耳元で囁かれ、私のアナルはまた疼いてしまう…夜