「ワインを開けるオープナーがない♪」と彼が嬉しそうに言ったフロントへ電話をするように言われて受話器を取ると…彼は後ろからいきなりアナルへ挿入し電話がフロントへ繋がったと同時に激しく腰を振った…私は快楽に耐えながら震える声でワインオープナーを頼み受話器を置