短すぎるスカートで人前を歩かされても何時間もアナルだけを犯され続けても浣腸と排泄を繰り返されても私は彼の欲望の全てを心から受け入れる恥ずかしさだけは、決して無くならないけれど…わずかな休憩でさえも、彼の膝の上でアナルを貫かれ彼の命令で腰を振り彼が動けばす