ミニスカアナル奴隷~陽菜~

極限まで短くされたミニスカート / 抜くことを許されないアナルプラグ / 前張りで塞がれた女性器 / オンリーアナルSEX/浣腸だけでイク身体にされたアナル奴隷

ミニスカアナル奴隷~陽菜~ イメージ画像

アナルプラグ

駅の壁を背に二人並んで話す話してるふりだけで彼は私のプラグを揺さぶった私は彼を見つめながら小さな声で「イキます…」と告げ大勢の人が通り過ぎる中でイッてしまった…「プラグを貴方だと思い毎日します…」私は彼にそう誓った…彼はまた私のプラグを揺さぶった何度もイ
『②10時間のアナルSEXの後』の画像

彼は私を四つん這いにした そしてお尻野割れ目を両手で押し開き 絆創膏で閉じられた性器の上の小さなアナルに くちづけをしてくれた そして、舌が緩んだアナルを押し開き入ってきた… ザラッとした舌の暖かく尖った舌先がアナルの入り口に差し込まれる 私の

1軒目のホテル、2軒目のホテルでも、それぞれ数時間滞在し卑猥な行為と撮影をされ続けた。ホテルからホテルの移動でさえ、プラグを挿したままの私のアナルは本当に閉じる事を許されなかった…もう10時間以上、アナルだけを犯され続けている…イキ過ぎて朦朧となり…多分100回
『10時間以上、アナルだけを犯され続けている…』の画像

「もっとゆっくり歩きなさい」 彼の命令が聞こえた その日は風が強く ただでさえ短いスカートを風がめくる 下着を着けさせてもらえなかった股間を見られながら アナルは細かく震えるプラグで刺激され続け 私は歩きながらイッて
『屋外でアナルでイク練習』の画像

ホテルの部屋を出ると 前から歩いてくるカップルとすれ違う… その男女は私の股間に気が付き凝視する 前から見ても私が下着を着けていない事が すぐ分かる… パイパンに絆創膏が目立つはずだ…お尻にはリモコンの付いたプラグ… 男性は振り返って私のアナルを見ていた… 
『すれ違う男女にアナルを見せながら歩く』の画像

↑このページのトップヘ