「食い込み過ぎて恥ずかしいです。。。」 陽菜の言葉が可愛くて、私はさらに鋭角なレオタードを着せた。 陽菜が既に開けていた小さな穴に電動アナルバイブを挿し入れる。 すぐに感じ続ける陽菜の後ろ姿を部屋の大きな鏡に映し 私はそれを眺めな