耳元にかかる彼の荒い息遣いと 後ろから抱き締められる腕の中で目が覚めた 夢ではなく 寝ている間も、アナルを犯され続けていたと気が付いた… 夢の中の温かいプラグは彼のペニスだった 私の目が覚めたとたんに 彼は激しくアナルを掻き回し 私の一番奥に暖かい精液を出し