その後、人が通る度に、彼に命じられなくても足を上げ紐の様な下着とプラグが深々と刺さったお尻を見せつけた…私が露出に感じアナルが痛いほど疼き出す頃…彼の指がお尻の割れ目をまさぐりプラグを捕らえると軽く揺さぶった…一瞬でイキそうになる…あまりの快楽に顔を伏せ